【S28最終19位(2073)】万能ホウオーガサイクル

初めましてヴァロスと申します。

今回は最終19位という結果を残すことができたのでS28で使用した構築を紹介させてもらいます。

 

f:id:VAROpoke:20220402164141j:image

f:id:VAROpoke:20220401160952j:image

 

 

TN seeker 最高2073 最終2073

f:id:VAROpoke:20220402183159j:image

TN かくれんぼ 最高2053 最終1949

f:id:VAROpoke:20220402183209j:image

 

構築経緯】

コンセプト】

個別紹介】

    1.ホウオウ@あつぞこブーツ

    2.カイオーガ@こだわりスカーフ

    3.ランドロス@いのちのたま

    4.ナットレイ@たべのこし

    5.バンギラス@とつげきチョッキ

    6.ヒヒダルマ@きあいのタスキ

選出パターン】

【最終結果】

【あとがたり】

 

【構築経緯】

1.まずザシアンを筆頭に多くのポケモンに対して有利に戦え、アタッカー型、物理受け、チョッキ型と相手視点では型の判別がしにくいホウオウから構築をスタートした。

ホウオウの型だが現環境カバルドンやラッキーと言ったステロ持ちが多いことや、珠ホウオウでダイマを切っても相手のランドロスなど岩技を持ってるポケモンにダイロックで簡単に切り返される。そこでステロを撒かれてもサイクルを回せ、せいなるほのおの火傷に頼らず状態異常で相手を縛るのが強いと考え、電磁波を搭載し、持ち物は厚底ブーツとした。

2.次にホウオウが苦手なランドロスや電磁波が無効な地面にも強いカイオーガを採用。(好きな禁伝だから使いたかった)

持ち物はホウオウがザシアンのワイボで倒されても良いように、ワイボの反動ダメ+スカーフしおふきで倒せたり、環境に多いランドロス剣舞してくるタイミングでカイオーガを後投げし上からしおふきで縛れる点を評価しスカーフを持たせた。

3.この禁伝2体では相手のカイオーガ受けのトリトドンガマゲロゲカイオーガなどのポケモンに何もできないので、地面+水タイプに強いナットレイを採用。 

4.ダイマエースとして多くの禁伝に有利をとれ、オーガホウオウの苦手電気タイプに強く、ホウオウの苦手いわタイプにも強いランドロスを採用。

5.このままだと黒バド、イベルタルがキツすぎるのでバンギラスを採用。

6.ラスト補完枠に求めるのは、ジガルデに強く、ラッキーエアームド辺りの受けポケモンに有利なポケモンが理想だったのでフェローチェを採用して構築が完成した。

最終日相手のアッキサンダーがきつかったためヒヒダルマに変更した。

 

【コンセプト】

・でんじはで相手のポケモンを縛る

・サイクルを回しカイオーガorランドロスの一貫を作る

 

【個別紹介】

f:id:VAROpoke:20220331064612j:image

ホウオウ@あつぞこブーツ

性格:いじっぱり

特性:さいせいりょく

実数値:213(252)-168(20)-135(196)-×-175(4)-114(28)

技構成:せいなるほのお/ブレイブバード/でんじは/じこさいせい

 

本構築の軸となる伝説ポケモン

耐久に厚く降ってるためザシアンのワイルドボルトを確定で耐え、返しのせいなるほのおで倒せたらできたり、相手視点ではこちらのホウオウの型がわからないためホウオウに対してダイマを合わせてきたタイミングで電磁波を撒いたりとかなりいい仕事をしてくれた。

ワイルドボルト持ちのザシアンにはナットレイランドロスが有利に戦うことができる。

または再生力を活かしてサイクルを回せたり、数的有利を取りTODを狙ったりとなんでもできる。

このホウオウはH.Bぶっぱではなく火力に少し割いてるためダイマしても強い。

 

f:id:VAROpoke:20220331065249j:image

カイオーガ@こだわりスカーフ

性格:おくびょう

特性:あめふらし

実数値:175-×-111(4)-202(252)-160-156(252)

技構成:しおふき/れいとうビーム/かみなり/なみのり

 

本構築の2体目の軸でありエースポケモン

とにかく上からしおふきを撃つ。命中不安がない上こちらから運ゲも仕掛けていける化け物。

環境トップのザシアンがしおふき耐えしている調整のやつがいなかったのでほぼワンパンで倒せた。

カイオーガは貯水ポケモンやラッキーなどと言ったわかりやすいポケモンで対策される事が多いので相手の選出をある程度読めるのは強いと思う。

現環境対面構築が多い印象で、数サイクル回した後に裏から展開するスカーフカイオーガが止まらない事も多々あった。

 

f:id:VAROpoke:20220331065455j:image

ナットレイ@たべのこし

性格:なまいき

特性:てつのトゲ

実数値:181(252)-115(4)-151-×-184(252)-22

技構成:ジャイロボール/パワーウィップ/でんじは/やどりぎのたね

 

主にカイオーガやゼルネアスなどの禁伝を相手にし、カイオーガが苦手は貯水ポケモンなどがいる場合に出す。あとインファイトがない場合のザシアンオーガには滅法強く、インファイトを例え持ってたとしてもナットオーガ対面を作り、相手のオーガをザシアンに引かせ電磁波を入れて、こちらの裏のランドロスで縛る動きは強かったが、たまにサンダーが後投げされる事もあるので注意する必要がある。

ナットレイに対してザシアンを後投げされる事が多かったりしたので、上からランドロスのじしんで縛れるように電磁波を採用した。

 

f:id:VAROpoke:20220331065849j:image

ランドロス@いのちのたま

性格:ようき

特性:いかく

実数値:164-197(252)-111(4)-×-100- 157(252)

技構成:じしん/そらをとぶ/ストーンエッジ/つるぎのまい 

 

本構築のダイマエース。

ランドロスの特性いかくによって相手の素早さ判定できる。

主に環境に多いカイオーガイベルタルと言ったポケモンに対しては素早さが勝ってるか負けてるかで立ち回りも変わってくるので特性発動時は絶対見逃さないようにしないといけない。スカーフカイオーガが環境にあまりいなくチョッキばかりだったので、半分削ってしまえばランドロスで縛れ、裏にいるザシアンなどといったポケモンもそのまま貫けるのがえらい。

 

f:id:VAROpoke:20220331070011j:image

バンギラス@とつげきチョッキ

性格:いじっぱり

特性:すなあらし

実数値:185(76)-204(252)-130-×-148(156)-84(20)

 

技構成:ロックブラスト/かみくだく/れいとうパンチ/じしん

 

主にイベルタル、黒バド、Wキュレムなどの特殊受けの役割。だがイベルタルの物理型も多く、補完枠がバンギラスに対して強かったりしてなかなか出せない時もある。

技構成はロックブラストをストーンエッジでも良かったのだが、みがわりやミミッキュの化けの皮などを考えるとロックブラストの方が強いと感じた。

れいとうパンチはランドロス意識。

 

f:id:VAROpoke:20220401055713j:image

ヒヒダルマ@きあいのタスキ

性格:いじっぱり

特性:ごりむちゅう

実数値:180-211(252)-75-×-76(4)-147(252) 

技構成:つららおとし/フレアドライブ/じしん/とんぼがえり

 

最終日アッキサンダーが初手から来ることが多く、なかなか勝てない時が続いたのでヒヒダルマを採用した。

持ち物はタスキにする事で初手性能が上がった。フェローチェと違ってザシアンをフレドラで倒せたり、サンダーにも麻痺を気にせずに戦えるのがえらい。

ダイナ入りの受けループなどにもつららおとしを押してるだけで負荷かけられたりもするのでフェローチェより幅広い構築に選出できる印象はある。

 

【選出パターン】

・基本選出(6割)

カイオーガランドロス+ホウオウorナットレイ

イベルタル、黒バド、Wキュレム入り

カイオーガ+ホウオウorバンギラスorランドロスのどれがを選出する

・ジガルデ入り

カイオーガヒヒダルマ+@1

・ムゲンダイナ入り受けループ

ヒヒダルマランドロス+@1

 

【最終結果】

f:id:VAROpoke:20220401161730j:image

f:id:VAROpoke:20220401231707j:image

 

【あとがたり】

今期は2ROM一桁スタートで最終日を迎えてかなり調子が良く勝てる気しかしませんでした。もちろん最終1桁も狙っていたし、なんなら最終1位取ってやるぞくらいの気持ちでしたが現実そう甘くはありませんでした。

最終日夜中2時頃までは調子も良くプレミもあまりしなかったが、徐々に集中力がなくなってプレミ連発するし、眠気との戦いでした。

もちろんみんなこんな時間にあまり潜ることもないだろうし、ぶっ通しで潜る人は少ないと思うしそれはみんな同じだが、やっぱり日頃から時間がある時は夜中にランクマやったり、最終日感覚でぶっ通しでやる練習も必要だなと感じました。

日頃の練習の積み重ねが最終日に発揮されると思うので今後はそう言う事も意識しながらやっていきたいです!

とはいえ今期は対面構築ではなくサイクル構築で久しぶりに結果出せたのは嬉しいし、構築の並びも好きなので結果としてはよかったです。

今後もポケモンはやっていくのでよろしくお願いします!

改めてS28お疲れ様でした。

 

質問等ありましたらTwitterのDMまで

@varopoke28

 

【S27最終74位(2019)】対面バドザジアン

 

ヴァロスです。

今回の構築は最終日前日に考えたのでいつもと違って多く語れる事はないですが、S27最終日で使用した構築を紹介します!

 

f:id:VAROpoke:20220301081455j:image

f:id:VAROpoke:20220301075423j:image

(レンタル出してほしい人はDMまで)

 

  • コンセプト
  • 構築経緯
  • 個別紹介

  ・バドレックス(黒馬)@きあいのタスキ

  ・ザシアン@朽ちた剣

       ・ウーラオス(一撃)@こだわり鉢巻

  ・ナマコブシ@ゴツゴツメット

  ・ラッキー@しんかのきせき

  ガマゲロゲ@いのちのたま

 

 

【コンセプト】

・初手ダイマ+ナマコラッキーで詰める

・バドザシで荒らして後発ダイマで詰める

 

【構築経緯】

・禁伝2体の環境でタイプ受けサイクルをするのは厳しいと感じたので対面駒と明確な受けポケモンを採用して最低限のサイクルできるようにする事に決めた、そして上から制圧できる襷黒バドレックスザシアンの並びからスタートした。

・3体目は環境に多いオーガ+ザシアンの並び強いく、禁伝にも強いガマゲロゲを採用。

・4体目は相手のラッキー+ヌオー黒バドがきついので鉢巻ウーラオスを採用。

・ラストの2枠は物理受け+特殊受けの2体にする事にし、物理受けはザシアンネクロズマなどに強いナマコブシを採用。(ヌオーを採用してもよかったのだが水+地面タイプが構築に2体もいると凄く気持ち悪いのでナマコブシにした)

特殊受けはカイオーガ、サンダーなどの多くの特殊アタッカーに強いラッキーを採用。

 

 

 

【個別紹介】 

f:id:VAROpoke:20220301125605j:image

黒バドレックス@きあいのタスキ

性格:おくびょう

特性:じんばいったい

実数値:175-×-101(4)-217(252)-120-222(252)

技構成:アストラルビット/サイコショック/リーフストーム/おにび

 

禁伝で一番タスキが似合うポケモン

タスキを持たせる事で対面メタモンにも勝て、4倍弱点2つあり、先制技で縛られるのがおもんないので個人的にはタスキ一択。

雑に初手に投げて場を荒らしたりスイープ役として活躍してくれた。鬼火を警戒される事が少なかったので物理アタッカーの初手ダイマを去なしてりできる点も偉い。

 

 

f:id:VAROpoke:20220301125742j:image

ザシアン@朽ちた剣

性格:いじっぱり

特性:ふとうのけん

実数値:199(252)-229(148)-135-×-136(4)-181(100)

技構成:アイアンヘッド/じゃれつく/インファイト/でんこうせっか

 

禁伝最強ポケモン

黒バドが苦手なイベルタル、ウーラオスなどの悪、ノーマルタイプに行動保証があるのが偉い。

Sラインは遅いザシアンを抜くために181まで伸ばした。

f:id:VAROpoke:20220301130027j:image

ウーラオス@こだわり鉢巻

性格:ようき

特性:ふかしのこぶし

実数値:175-182(252)-121(4)-×-80-163(252)

技構成:あんこくきょうだ/インファイト/ストーンエッジ/つばめがえし

 

主に黒バドやラッキー+ヌオーみたいな並びを破壊する枠。

ホウホウがきつかったのでストーンエッジを採用した。

 

f:id:VAROpoke:20220301130218j:image

ナマコブシ@ゴツゴツメット

性格:

特性:てんねん

実数値:162(252)-×-187(156)-×-163(100)-25

技構成:みずびたし/自己再生/どくどく/まもる

 

今まで受けポケモンを信用していなかったが今回初めて使ったけどかなり強かった。

この枠はヌオーでもよかったのだが、ヌオーにはできないみずびたしからのどくどくが非常に強力で、みずびたしをし相手タイプ一致の技の威力を下がれるのも強かった。

だが身代わり持ちのポケモンが来たら終わりなのは弱いところ

 

f:id:VAROpoke:20220301130336j:image

ラッキー@しんかのきせき

性格:わんぱく

特性:しぜんかいふく

実数値:325-×-62(252)-×-157(252)-71(4)

技構成:ちきゅうなげ/ステルスロック/あまえる/タマゴうみ

 

特殊受けポケモンだが、あまえるを採用する事で物理ポケモンを受ける事もできるのが強力。構築できついオーガヌケニンのような並びに対してヌケニンを腐らせるためにステロを採用した。(最終日ブーツヌケニンとは当たらなかった)

 

f:id:VAROpoke:20220301130506j:image

ガマゲロゲ@いのちのたま

性格:いじっぱり

特性:すいすい

実数値:180-161(252)-95-×-96(4)-126(252)

技構成:アクアブレイク/じしん/パワーウィップ/かわらわり

 

構築の唯一のダイマエース

雑に初手ダイマするだけで強いがやはり火力が物足りない。オーガザシアンに強いはずがどの構築にもヌケニンがいてダイマを枯らされる事が多く、ヌケニンで一体で負ける事とあった。

 

【最終結果】

f:id:VAROpoke:20220301140419j:image

f:id:VAROpoke:20220301131042j:image

 

【最後に】

今期はS26で結果出せなかったし頑張ろうと意気込んで潜っていたが、全く勝てず最終日まで100位にすらタッチできず諦めモードに入っていたが、最終日前日にちょっと構築を考えたところいい感じの並びを思いついたので最終日に回してみたところ面白いように4桁から勝てて20までいきました。今期は2桁で保存しようと決めていましたが、やっぱりどうせなら上を目指したかったので潜り続けたから40位〜200位うろうろして最後は74位で終わりました。

最終日までポケモンクソゲーやってずっと言うてましたが最終日はまじで神ゲーでした。だからポケモンはやめられない、たぶん来月は休憩するつもりだったが恐らくやるだろう。

やっぱり一桁を取るまで休憩するとか言うてられないと思うし、九世代発売まであと7ヶ月くらいしかないので残りのシーズンも頑張りたいです。

 

f:id:VAROpoke:20220301131057j:image

f:id:VAROpoke:20220301182447j:image

 

S27お疲れ様でした!

質問等あればTwitterのDMまでお願いします。

@varopoke28

 

2021年ランクマッチ振り返り

 

メモ程度に2021年の振り返りを記事にしてみたのでよかったらご覧ください🙏

S14 最終31位

f:id:VAROpoke:20211221135329p:image

この時は最終4桁スタートでどん底に落ちていた。

同時は最終2桁を目標にやっていたからこの順位は素直に嬉しかった!

そして終盤にニンフィアに出会いかなり活躍してくれたポケモン、そして最高にカッコよくて強いギャラドスを活躍させてあげられたので凄く楽しかったシーズン!

最終日の最後の試合はめろくんと激戦を繰り広げたのが懐かしい!かなり自信のあった構築だった。

 

S15 最終84位

f:id:VAROpoke:20211221145842p:image

初めましての禁伝ありルール。

終盤同じような並びの構築が爆増してたような気がする笑 

まぁ黒バドは最強だったよね…うん

 

 

S16 最終34位

f:id:VAROpoke:20211221150316p:image

初めまして2ロム最終二桁に乗ったシーズン!

同時は2期連続二桁だし一桁狙いに行くぞ〜って勢いで最終日戦ったが思うようにレートが伸びなくてこの順位。

構築にはかなり自信があったので悔しかった。

 

S17 最終245位

f:id:VAROpoke:20211221150836p:image

S16の構築を改良して組んだがあまりにも弱すぎた。

そもそもH.BサンダーとH.Bアーマーガアを入れてる意味が理解できない笑

オーガドラパだけは強かった!

 

S18 最終51位

f:id:VAROpoke:20211221151135p:image

ウツロランドレヒレと言う最強の並びを見つけて最終日に覚醒したシーズン!

最終日2ROMとも3桁後半くらいになり萎えていたがなんか二桁まで来れて保存した。

ジャパくんと最終日通話しながら一緒に潜ったのはいい思い出!

 

S19 最終154位

f:id:VAROpoke:20211221151540j:image

S18に続きウツロランドレヒレを使用した。

かなり構築の見た目が好きだったので結果出したかったけど最後の最後で40位くらいから連敗して終わった…ほんとにこのシーズンは萎え散らかした。

 

S20 最終25×位

f:id:VAROpoke:20211221152026j:image

全てが弱かった。

 

S21 最終41位

f:id:VAROpoke:20211221152208j:image

初の最終2100に到達したシーズン

2100から一勝できた時は嬉しすぎた!

正直初の2100だし保存してもいいかなって思ったけど2102くらいで保存したら最終80位くらいとかで後味悪いなぁって思って潜ったけど結果よかった! これでもし負けていたらと考えると恐ろしい…

 

S22 最終3桁

f:id:VAROpoke:20211221152721j:image

ん〜なんとも言えない…

 

S23 最終4桁

f:id:VAROpoke:20211221152853j:image

構築の見た目だけは最強!

シーズン通して勝てなったので最終4桁も納得

 

S24 最終32位

f:id:VAROpoke:20211221153018j:image

序盤から終盤までずっとカバドラパオーガウーラサンダーを使い続けてかなり手に馴染んだ。

ナットの枠だけがしっくりこないままだったが、最終日前日にヨプナットにしたら思ってる以上の活躍をしてくれた!

 

ここまで振り返ってみると中途半端な順位しか取っていないしもう二桁前半以外の順位を取っても周りからはあまり評価してもらえないと思う。

周りから認めてもらうプレイヤーになるのは一桁取ってからだと思うし、ここを目指して頑張りたい!

 

f:id:VAROpoke:20211221154645j:image

ちなみにこれS7くらいからずっと対戦メモをしてるやつ。メモ取り始めてから結果もついてくるようになったし、今ではメモ取らないと対戦集中ができないしモチベも上がらない。

暇がある人は大変ですけどメモ取ってみるのもオススメします!

 

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

 

 

 

 

【S24最終32位(2028)】無双龍カバオーガ軸

こんにちは、ヴァロスです。

S24の構築をまとめさせてもらったのでよかったら最後までご覧になってください。

 

f:id:VAROpoke:20211201171310j:image

  • レンタル
  • コンセプト
  • 構築経緯
  • 個別紹介

  ・カバルドン@たべのこし

  ・カイオーガ@とつげきチョッキ

  ・ドラパルト@いのちのたま

       ・ウーラオス(一撃)@こだわり鉢巻

       ・サンダー@こだわりスカーフ

  ・ナットレイ@ヨプのみ

  • 選出パターン
  • 終結

 

【レンタル】

f:id:VAROpoke:20211201092830j:image

 

 

【コンセプト】

カバ展開からドラパorオーガで詰める

・先にダイマを切らせて後発ダイマで詰める

【構築経緯】

 シーズン通して軸を固定し、役割対象が広いポケモンを使うことを意識して構築を組んだ。

  • まず環境トップのザシアン軸に対して有利な構築を作る必要がある、そこで初手ダイマしてくる構築がほとんどだと感じ、サンダーカイリューエースバーン、ラプラスそしてイベルタルなどをあくびで流すことができ、ステロ砂ダメで襷を剥がせたり場を荒らすことの出来るH.Dカバルドンを採用。
  • 次に、カバルドンで場を荒らし一体眠らせ、起点にでき抜きエースになれるポケモンがほしく、S16.17でも使用していた珠ドラパルトを採用。
  • 3体目は禁止伝説枠カイオーガを使うと決めており、この2体ではヒレがキツすぎ後投げできる型、そして環境トップの禁止伝説にも強いチョッキカイオーガを採用。

 ・この3体を軸、そしてザシアン軸にもこの3体の基本選出で戦えると思ったのでこの3体を軸に残りの補完枠を考えることにした。

  • この3体では一般ポケのナットレイがキツく圧かけれて、および黒バド、白バド、ネクロズマ軸に対して負荷をかけられる鉢巻悪ウーラオスを採用。
  • 次にイベルタルとのダイマの撃ち合いで勝つ事ができ、ゴリランダー、ウーラオス辺りに強いポケモンが望ましかったのでスカーフサンダーを採用。
  • ラストは最終日前日まではゼルネアスに見た目は強いドリュウズを使用していたが、選出率が低くゼルネアスがあまりいなく、役割対象が少なかったため構築上ガマゲロゲ、ウオノラゴンなどの水タイプが受かっていなかったのでH.Bナットレイを採用し構築が完成!

 

 

【個別紹介】

f:id:VAROpoke:20211201151705j:image

カバルドン@たべのこし

性格:しんちょう

特性:すなあらし

実数値:215(252)-132-146(60)-×-127(188)-67

技構成:じしん/あくび/ステルスロック/ふきとばし

 

本構築の軸、主に初手に投げて相手の初手ダイマを去なしたり、襷を砂ダメで壊したり必ず仕事をしてくれた。

中盤まではH.Bオボンのみで使用していたが、イベルタルがキツすぎて勝てなかったので、イベルタルの臆病珠ダイアークを耐えることのできるH.Dに変更した。

持ち物はオボンのみを持たせても生きる場面が少なく、オボンのみより場持ちが良く、あくびを連打しているだけ回復するたべのこしに変更。

ほとんどの構築に初手投げし、一体眠らせればほぼ勝てたので最強のポケモンだった。

 

 

f:id:VAROpoke:20211201151651j:image

カイオーガ@とつげきチョッキ

性格:ひかえめ

特性:あめふらし

実数値:191(124)-×-110-212(180)-160-135(196)

技構成:しおふき/れいとうビーム/かみなり/ねっとう

 

対面性能、最低限のサイクルができ、撃ち分けできた方が強いと思ったのでとつげきチョッキで採用した。

特殊ポケモンとの撃ち合いには滅法強く、珠サンダーカイオーガの雷を2発耐えるほどの耐久は凄まじかった。

最終日前日にオーガミラーが起きた際にこちらのオーガのS133でチョッキ持ちの中で一番速いんじゃないかと思っていたが、オーガ同速勝負が始まったのでSラインを135までに伸ばしたら最終日はチョッキオーガミラーは全て先に動く事ができた。

 

f:id:VAROpoke:20211201151631j:image

ドラパルト@いのちのたま

性格:いじっぱり

特性:すりぬけ

実数値:163-189(252)-95-×-96(4)-194(252)

技構成:ドラゴンアロー/ゴーストダイブ/みがわり/りゅうのまい

 

最低限 エースバーン、耐久振りムゲンダイナを抜け、火力重視したかったので準速で採用。

相変わらず珠補正の火力が凄まじく、現環境で1舞したドラパルトを止めれるポケモンはほぼいないので、ほとんどの試合で舞えるタイミングを探っていた。

もちろん受け構築にも強く、ザシアンを+1ダイホロウで落とす事ができ、みがわりで相手のダイマターンを枯らしたりでき、本構築のコンセプトである後発ダイマから切り返す動きができるポケモンだが、デメリットもありダイマ切るタイミング、ふいうち押されるタイミングでのみがわりを撃つ択、ダイホロウ、ドラグーンを撃つ択が発生し、択が普通のポケモンより多かったが禁伝級の強さだった。ダイマしなくても強いのが偉い!

 

 

f:id:VAROpoke:20211201151715j:image(良い笑顔だ)

ウーラオス(一撃)@こだわり鉢巻

性格:ようき

特性:ふかしのこぶし

実数値:176(4)-182(252)-120-×-80-163(252)

技構成:暗黒強打インファイト/ふいうち/蜻蛉返り⇄つばめがえし

 

いつも構築に入ってる相棒ポケ。

オーガを使ってる以上ナットレイトリトドンと言った耐久ポケモンがキツいのでそこらに圧をかけていける。

サイクル的には回せて1〜2回程度なためこちら側は強気な選択をする事が大切だと感じた。

本来なら受け構築にも出すポケモンだか今回の構築では受けに対してあまり選出しなかった。

 

 

f:id:VAROpoke:20211201162125j:image

サンダー@こだわりスカーフきあいのタスキ

性格:おくびょう

特性:せいでんき

実数値:165-×-106(4)-177(252)-110-167(252)

技構成:ボルトチェンジ/ぼうふう/かみなり/でんじはor熱風

 

H.Bサンダーを使用していたがゴリランダー入りの構築くらいにしか出せなかったため、H.B以外のサンダーウーラオスイベルタルの上から殴る方が強いと思ったのでアタッカーサンダーに変更した。

初手ダイマイベルタルも相手視点ダイマを切るか裏に引くかのどちらかで、イベルタルダイマしてきてサンダーが倒されても裏のカバルドンであくびで流し、ドラパルトで舞える対面ができればほぼ勝てた。

たまに素かみなりを連打したがサンダーは失ってよかったのでこの選択をしていた。まじで運ゲ馬鹿ポケモンだった。

(襷サンダーの原案者はふとんくんです)

 

f:id:VAROpoke:20211201162135j:image

ナットレイ@ヨプのみ

性格:のんき

特性:てつのとげ

実数値:181(252)-114-201(252)-×-137(4)-22

技構成:ジャイロボール/ボディプレス/てっぺき/やどりぎのたね

 

今まで見た目が嫌いでやどりぎ撃つタイミングがわからなくて使ってこなかったけど使ってみると強かった。

最終日前日まではドリュウズを使用していたのだが役割対象が少なく、ゼルネアスザシアン軸くらいにしか出せなくて、ウオノラゴンガマゲロゲゴリランダーがキツく、この辺りを補ってくれるのがH.B ナットレイしかいなかった。

 

【選出パターン】

VSザシアン軸

カバルドン+ドラパルト+カイオーガorナットレイ

VSカイオーガ

カイオーガカバルドンorドラパルトorサンダーorウーラオス

VSイベルタル

カバルドン+サンダーorカイオーガ+ドラパルト

VSネクロズマ

カイオーガカバルドンorウーラオス+ドラパルト

VS黒バド軸

ウーラオスカイオーガ+@1

VSムゲンダイナ(受け)軸

カバルドン+ドラパルト+カイオーガorウーラオス

VSホウオウ軸

カバルドンカイオーガ+ドラパルト

 

 

【最終結果】

TNヴァロス 最終32位 レート2028

f:id:VAROpoke:20211201092558j:image

(最終更新)

f:id:VAROpoke:20211201162641j:image

 

 

 

1ヶ月間ありがとう!

f:id:VAROpoke:20211201100045j:image

 

質問等ありましたらTwitter

@varopoke28 までお願いします。

 

【S23使用構築】メモ

f:id:VAROpoke:20211029073405j:image

 

  • 構築経緯
  • 個別紹介

  ・ネクロズマ

  ・ボルトロス

  ・ランドロス

  ・ウーラオス(一撃)

  ・カプレヒレ

  ・ウルガモス

 

【レンタル】

 

 

【構築経緯】

  • シーズン中盤までムゲンダイナを使用していたが、最速ザシアンの増加がきつくザシアン軸に対して安定して勝てなかったため環境トップのザシアン、ムゲンダイナに強く、明確に不利な禁伝が少ないネクロズマを使用する事にした。
  • ネクロズマを使用するに当たって障害となってくる黒バド、カイオーガイベルタルに厚くする必要がある。そこで黒バト、イベルタルと打ち合えるチョッキカプレヒレを採用。
  • 初手対面操作枠+黒バト、カイオーガの上から縛れるポケモンが理想だと思った。そこで地面+電気の一貫も切れるスカーフボルトロスを採用。
  • この3体では相手地面タイプの突破手段が少なく、テッカグヤもきつい思い相手視点では見えないポケモンで対策したかった。一方的に起点にする方が強いので相手視点からは有利対面である身代わりビルドランドロスを採用。
  • こな4体では黒バトの処理ルートが少ないと思った。

 

 

【コンセプト】

 

【個別紹介】

f:id:VAROpoke:20211030134749g:image

ネクロズマ(日食)@ゴツゴツメット

特性:プリズムアーマー

性格:わんぱく

技構成:メテオドライブ/フォトンゲイザー/月の光/りゅうのまい

 

 

 

f:id:VAROpoke:20211030134809g:image

カプレヒレ@とつげきチョッキ

特性ミストメイカ

性格:ひかえめ

技構成:なみのり/ムーンフォース/シャドーボール/しぜんのいかり

 

 

f:id:VAROpoke:20211030134853g:image

ランドロス@たべのこし

特性:いかく

性格:いじっぱり

技構成:じしん/いわなだれ/みがわり/ビルドアップ


f:id:VAROpoke:20211030134908g:image

ボルトロス@こだわりスカーフ

特性:ちくでん

性格:おくびょう

技構成:ボルトチェンジ/蜻蛉返り/あくのはどう/10万ボルト


f:id:VAROpoke:20211030134900g:image

ウーラオス@いのちのたま

特性:ふかしのこぶし

性格:ようき

技構成:あんこくきょうだ/インファイト/ふいうち/ストーンエッジ

 

f:id:VAROpoke:20211030134922g:image

ウルガモス@きあいのタスキ

特性:ほのおのからだ

性格:おくびょう

技構成:ほのおのまい/ギガドレイン/サイコキネシス/ちょうのまい